Bybit(バイビット)本人確認・KYCは必要!やり方と手順 | できない原因や危険性は?

Bybit(バイビット)を利用するためには本人確認(KYC)手続きが必須事項となっています。

本人確認を行うことでセキュリティ向上やボーナス特典などのメリットがある一方、海外取引所であることから危険性を感じる方も多いのではないでしょうか

当ページでは、Bybitの本人確認手続きの必要性から手順について分かりやすく解説していきます。

なお、Bybitの口座開設がまだの方や口座開設済みではあるものの本人確認が済んでいない場合には30,000USDT以上のボーナス+取引手数料30%オフになる当サイトから口座開設することをオススメします!

本ページで分かること
  • Bybitの本人確認の危険性は無し
  • Bybitの本人確認は5月8日以降必須に
  • Bybitの本人確認のやり方
  • Bybitの本人確認ができない場合の原因と対処法

Bybitの全体情報を知りたい場合には、Bybit(バイビット)の使い方を参考にしてみてください。

目次
当サイト限定!口座開設キャンペーン情報

当サイト経由で口座開設し入金するだけで、最大63万円相当のUSDTボーナスを受け取ることができるキャンペーンを実施中!

スクロールできます

それぞれバナーをクリックすることで、特典が適用された公式口座開設ページへアクセスすることができます。

Bybit(バイビット)の本人確認・KYCは危険性はなし

結論から言うと、Bybitで本人確認を行うことに関して一切の危険性はありません

公式サイトでも以下のように個人情報の取扱について明言しているほか、Bybitでは5つのセキュリティ対策を講じておりサービス開始以来一度も個人情報や顧客資産が流出したことはありません。

個人情報はプライバシーとセキュリティの確保のために、暗号化して保護しており、より良いサービスを提供するために身元を確認する目的のみに使用されます。個人情報を共有したり、マーケティングのために再利用することはありません。

個人向け本人確認 | Bybit Help Center

また、海外仮想通貨取引所ではBybitとBinanceのみが取得しているUAEの金融ライセンスを取得していることから第三者による基準を満たしていることが確認できます。

Bybit(バイビット)の本人確認・KYCは2023年5月8日から義務化に

Bybitでは2023年5月8日以降、本人確認が義務化されました

それに伴い。既に口座開設が済んでいて本人確認が完了していない場合には新規入金や取引が行えなくなっています

出金制限については義務化前同様、1日2万USDT以上の出金で本人確認レベル1が必須、100万〜200万USDTの出金で本人確認レベル2が必須となってきます。

それぞれの認証概要については下記のとおりです。

本人確認レベルレベル0レベル1レベル2
ユーザーアクション口座開設本人確認書類のアップロード&顔認証住民証明書
必要書類マイナンバーカード、パスポート、運転免許、居住許可書
カメラ付きのパソコンまたはスマホ
銀行取引明細、税金納付書、公共料金請求書
取引制限
1日の出金上限額2万USDT100万USDT200万USDT
月間出金限度額10万USDT無制限無制限

Bybit(バイビット)本人確認認証の準備

Bybitの本人確認とは、マネーロンダリング対策やセキュリティ向上、入金ボーナス不正取得を防ぐための身元確認手続きです。

本人確認手続きにかかる時間は15分前後ですが、提出した情報に不備がある場合などには最大で48時間ほど時間がかかる場合があります。

Bybit(バイビット)の口座を用意

Bybitの口座を開設していない場合には公式HPより手続きを行いましょう。

口座開設方法や注意点は、Bybit(バイビット)登録・口座開設方法を参考にしてください。

認証可能な本人確認書類を用意

Bybitの本人確認手続きに必要な書類は認証時の本人確認レベルにより異なります。

Bybit(バイビット)の本人確認に必要な書類
  • 本人確認レベル1
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 運転免許証
    • 在留許可証
  • 本人確認レベル2
    • 銀行取引明細
    • 税金納付書
    • 公共料金請求書
    • 固定資産税請求書
    • 政府や自治体発行の居住証明書

本人確認レベル2で提出する書類は発行から3ヶ月以内である必要があります。

また18歳未満である場合は本人確認審査を通過することはできないため予め注意しましょう。

Bybit(バイビット)本人確認のやり方 | ブラウザ・スマホアプリ

Bybitの本人確認にはレベル1とレベル2が用意されているため、それぞれ順に解説していきます。

また本人確認手続きには顔認証が含まれているため、スムーズに進められるスマホを推奨します。

Bybit(バイビット)本人確認レベル1のやり方

Bybitの本人確認レベル1のやり方は次のとおりです。

STEP

本人確認ページへ

STEP

本人確認レベル1を選択

「本人確認(KYC)を行う」をクリックします

STEP

居住国・提出身分証の選択

居住国と提出する身分証の種類を選択し「次へ」をクリックします

本人確認レベル1で認証可能な書類
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留許可証
STEP

本人確認書類の撮影と提出

本人確認書類を手順に従い撮影し提出します

Bybit(バイビット)本人確認レベル2のやり方

Bybitの本人確認レベル2のやり方は次のとおりです。

STEP

本人確認ページへ

STEP

本人確認レベル2を選択

「本人確認(KYC)を行う」をクリックします

STEP

提出できる身分証の種類を確認

提出できる身分証の種類を確認し「確定」をクリックします

本人確認レベル2で認証可能な書類
  • 銀行取引明細
  • 税金納付書
  • 公共料金請求書
  • 固定資産税請求書
  • 政府や自治体発行の居住証明書
STEP

本人確認書類の撮影と提出

本人確認書類を手順に従い撮影し提出します

Bybit(バイビット)の本人確認・KYCを行うメリット

Bybitの本人確認を行うメリットとしては下記3つです。

Bybitの本人確認を行うメリット
  • 出金上限が緩和される
  • ローンチパッドに参加できる
  • アカウントの復旧が容易に

出金上限が緩和される

本人確認を行っていない場合、1日に出金できる金額が最大2万USDTまで(1ヶ月で最大10万USDT)と制限がかけられてしまいます。

そのため急な出金が必要な場合にまとめて引き出しができないことを避けたい場合には、本人確認を済ませておくことで1日最大200万USDTまで緩和することが可能となっています。

また、内部送金を利用する場合には最低でも受け取り側が本人確認を完了している必要があります。

出金方法や注意点については、Bybit(バイビット)の出金・送金方法を参考にしてください。

ローンチパッドに参加できる


Bybitでは、USDTを5日間ほどロックすることで母数に対して自己割合で有望な仮想通貨を無償で貰うことのできるローンチパッドサービスがあります。

この機能を利用するためには、本人確認を済ませておく必要があるため少しでも預け入れているBIT・USDTがある方は手続きを済ませることを推奨します。

ローンチパッドの詳細や参加方法は、Bybit(バイビット)のローンチパッドを参考にしてみてください。

アカウントの復旧が容易に

Bybitの本人確認を完了させることで、万が一ログイン情報の一部を喪失してしまった場合であっても認証情報から簡潔なフローでアカウントの復旧を行うことが可能となります。

Bybit(バイビット)の本人確認でエラーまたは否認される原因

Bybitの本人確認手続きでエラーが出てしまったり、否認されてしまった場合には下記4つのような原因が考えられます。

本人確認でエラーまたは否認される原因
  • 写真が不鮮明である
  • 対応外のファイル形式である
  • 居住確認書類に不備がある
  • サービス提供地域外に居住している
  • 未成年である

写真が不鮮明である

提出した本人確認書類に記載されている名前や住所、顔写真など不鮮明で読み取りづらい箇所があると否認されてしまいます。

光で文字が飛んでいたり、ブレている場合には認識ができないため再度撮影し直した上で再アップロードを行いましょう。

対応外のファイル形式である

Bybitの本人確認手続きでは、特定のファイル形式以外はアップロードすることができない仕組みとなっています。

Bybitの本人確認で提出可能なファイル形式
  • JPG
  • JPEG
  • PNG

上記以外のファイル形式でアップロードを行っている場合には、ファイル変換などを行った上でアップロードを行ってください。

居住確認書類に不備がある

居住確認書類は発行から3ヶ月以内のもののみ有効となっており、それ以外の書類は否認されてしまいます。

3ヶ月以内の公共料金などの請求書を捨ててしまって手元にない場合には、住民票などを取得しアップロードを行ってください。

また一部黒塗りなどしてしまっている場合も否認理由となってしまうため撮影した状態で提出を行いましょう。

サービス提供地域外に居住している

Bybitがサービス提供を停止している国・地域

米国、中国本土、シンガポール、ケベック(カナダ)、北朝鮮、キューバ、イラン、クリミア、セヴァストポリ、スーダン

Bybitでは一部の国や地域では現地の法律や国際法に則って、サービスの提供を行っていません。

そのため該当の国や地域の身分証を提示した場合は自動的にアカウントに制限がかけられ、出金以外の操作を行うことができなくなってしまいます。

また対象の国や地域からはBybitへアクセスすることができないため、このような場合は該当地域外に出たタイミングで手続きを行いましょう。

未成年である

18歳未満の場合には、Bybitの利用規約を満たしていないため本人確認が弾かれてしまいます。

18歳以上の年齢に達した後、手続きを行うようにしましょう。

Bybit(バイビット)の本人確認手続きに関するよくある質問

Bybitの本人確認はどのくらい時間を要しますか?

通常15分前後で完了しますが、提出した書類の不備などによっては最大48時間要する場合があります。

本人確認完了後はメール配信とアプリのプッシュ通知が行われます。

Bybit(バイビット)は本人確認なしで口座開設または利用ができますか?

Bybitは本人確認なしで口座開設することができますが、利用するためには本人確認が必要となっています。

Bybit(バイビット)は日本人でも本人確認・KYCができますか?

Bybitは日本人でも利用できるため、本人確認を済ませることができます。詳しくは、Bybit(バイビット)の日本人利用は禁止・やばい? | 違法性と金融庁の警告意図を参考にしてください。

Bybit(バイビット)の本人確認特典はありますか?

Bybitでは本人確認を完了することで1USDTの特典を受取ることができます。その他、入金額により様々な特典を受取ることができるので詳細は、Bybit(バイビット)キャンペーンを参考にしてください。

Bybit(バイビット)の本人確認にマイナンバーカードは提出できますか?

Bybitの本人確認ではマイナンバーカードも提出できます。

Bybit(バイビット)の本人確認に関するメールが届きません

Bybitの利用規約に違反している場合や18歳未満、制限国が居住地である場合にはメールが送信されない場合があります。

心当たりがない場合にはカスタマーサポートへ問い合わせを行いましょう。

本人確認手続きが否認されたのですが何回まで申請することができますか?

本人確認手続きは24時間内で10回までに設定されており、それ以上の申請を行う場合には24時間経過後に手続きを行う必要があります。

Bybit(バイビット)は複数アカウントで本人確認を行うことはできますか?

Bybitでは1名義につき1アカウントまで本人確認を行うことができます。

認証済みアカウントを2つ以上開設したい場合には、個人とは別に法人を開設することで解決することができます。

Bybit(バイビット)に入金するには本人確認が必要ですか?

Bybitでは2023年5月8日以降、本人確認を完了していない場合は入金手続きが行えなくなっています。

Bybit(バイビット)でクレジットカード入金する場合は本人確認が必要ですか?

Bybitでクレジットカード入金・購入をする場合には本人確認レベル1が必要となります。クレジットカード入金方法は、Bybit(バイビット)のクレジットカード購入・入金方法を参考にしてください。

Bybit(バイビット)の本人確認をしないとどうなりますか?

Bybitでは本人確認をしないと出金以外の操作を行うことができません。

本人確認をせずにBybit(バイビット)を利用する方法はありますか?

Bybitが提供するWeb3関連サービス(BybitWalletApexPro)であれば本人確認をせずに利用を継続することが可能です。

【まとめ】Bybit(バイビット)の本人確認はマイナンバーでもできる

Bybitの本人確認のやり方や危険性について解説しました。

既に口座開設済みの場合であっても、本人確認が済んでいない場合には出金以外の操作ができなくなってしまっているのでこれを機に手続きを進めていきましょう。

Bybitの口座開設がまだの方や、口座開設済みではあるものの本人確認が済んでいない場合には30,000USDT以上のボーナス+取引手数料30%オフになる当サイトから口座開設することをオススメします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次