Bybit(バイビット)ステーキングとは? | やり方・利回りが高くリスクの無いおすすめ通貨・デメリットの有無を解説

仮想通貨を長期的にガチホしている方の中には効率的に資産運用できる方法としてステーキングを検討している方もいるのではないでしょうか。

Bybitステーキングでは、仮想通貨を預け入れるだけで安全かつ高金利で報酬を得ることができるため人気を集めています

一方でステーキングの種類もあるため、きちんと理解しておかないと効率性を残ってしまう場合もあります。

そこで本ページでは、Bybitステーキングのやり方やメリット、ステーキングすべきおすすめの通貨などについて解説していきます。

目次
当サイト限定!口座開設キャンペーン情報

当サイト経由で口座開設し入金するだけで、最大86万円相当のUSDTボーナスを受け取ることができるキャンペーンを実施中!

スクロールできます

それぞれバナーをクリックすることで、特典が適用された公式口座開設ページへアクセスすることができます。

Bybit(バイビット)のステーキングとは

Bybitのステーキングとは、Bybitに仮想通貨を預け入れることで報酬として利息を得ることができる資産運用サービスです。

積立ステーキングと定期ステーキングの2種類が用意されており、預け入れる期間や資金ロックの有無によって報酬率は変動する仕組みとなっています。

仮想通貨を預けるだけで自動的に運用してくれるので、短期売買や仮想通貨FXをしない方にもおすすめの資産運用手段となっています。

なお、Bybitステーキング以外にも下記4種類のステーキングが提供されていますがそれらはまた別ページにて解説して行きたいと思います。

ステーキングの
種類
Bybit
ステーキング
ETH2.0
ステーキング
流動性マイニングWeb3
ステーキング
銘柄数81種類1種類28種類24種類
参照DEXUniswapLidoUniswapCurve/gmx/Mantle

ステーキングとは

ステーキングには、主に下記の2種類があります。

  • PoSのステーキング
  • 資産を貸した対価として報酬を貰うステーキング

1つ目のPoSのステーキングとは、ETH(イーサリアム)やBNB(バイナンスコイン)などのPoS銘柄で採用されているブロックチェーンネットワークの仕組みです。

対象となる仮想通貨を預け入れてネットワーク維持に貢献することで、その対価として報酬として仮想通貨を受け取ることができます。

2つ目の資産を貸した対価として報酬を貰うステーキングは、そのまま仮想通貨を取引所に貸し出し運用してもらうもののためPoS銘柄以外でも報酬を受け取ることが可能となっています。

積立と定期ステーキングの違い

Bybitのステーキングでは、「積立ステーキング」と「定期ステーキング」の2種類が提供されています。

それぞれの違いは次のとおり。

ステーキングの種類積立ステーキング定期ステーキング
ステーキング期間無期限30日または60日
払い戻しいつでも可ステーキング期間に準ずる
利回り低め高め
自動ステーキング
銘柄数81種類15種類

利回りの高さも重要な要素ですが、最も大きなポイントはステーキング期間の縛り有無でしょう。

積立ステーキングでは期間に制限がないため、好きなタイミングで払い戻し(引き出し)することができるので運用方法に合わせて柔軟に対応することができます

制限がない分、利回りは含めの傾向にありますが価格変動リスクにも素早く対応できることを考慮すると一長一短と言えます。

対して定期ステーキングでは期間が30日または60日に定められている分、利回りも高い傾向にあるため長期保有を念頭に置いている方には非常におすすめです。

Bybitステーキングのリスク

Bybitのステーキングは、Bybitに仮想通貨を貸し付ける対価として報酬を得る仕組みとなっています。

そのため、市場環境やハッキングなどによってBybitの経営が悪化してしまった場合は資金を引き出せなく可能性が少なからず考えられます

また、仮想通貨は移り変わりの激しい業界であるため定期ステーキングで運用した場合には万が一貸し出している仮想通貨が暴落した場合であったとしても損切りして撤退することができません。

数十%の暴落が起きてしまった場合は、その分の損失を利回りで埋めることは現実的ではありません。

少しでもリスクを減らしたいのであれば、利益率は下がれど積立ステーキングを利用することを推奨します。

Bybit(バイビット)ステーキングのメリット

Bybitステーキングのメリット
  • 高い利回りで運用することができる
  • 積立ステーキングなら払い戻しタイミングが自由

高い利回りで運用することができる

Bybitステーキングでは、仮想通貨を預けるだけで高い利回りでの運用を実現することができます

例えば、積立ステーキングでUSDTを預け入れると年利19.19%ですが日本の金融機関に外貨預金としてUSDを預け入れた場合は1〜5%程度と最大20%もの差が生じてきます。

また、日本円の定期預金金利では0.2〜0.5%であることを考慮すると仮想通貨にしてBybitに預け入れることの効率性が際立ちます。

USDTやUSDCのようなステーブルコインであれば、USDにペッグされているため価格変動リスクも為替のみにであるため初心者の方にもおすすめとなっています。

積立ステーキングなら払い戻しタイミングが自由

Bybitの積立ステーキングでは、好きなタイミングで払い戻しすることが可能となっています。

そのため、仮想通貨の変動や短期的に資金を捻出したくなった場合であっても臨機応変に対応することができます。

なお、定期ステーキングでは預け入れ時に30日または60日間の預入期間を経過しないと払い戻しができないため中が必要です。

Bybit(バイビット)でステーキングできる銘柄と年利・APR

2024年2月現在、Bybitで提供されているステーキングができる主な仮想通貨銘柄と年利は次のとおりです。

積立ステーキング

銘柄年利
BTC5%
ETH3%
USDT16.53%
USDC13.24%
MNT3.5%
SOL2%
XRP1.9%
BNB2.75%

定期ステーキング

銘柄年利
BTC2.3%
ETH1.8%
USDT100%
USDC3.5%
SOL5.2%
ADA3.3%
XRP3.5%

Bybit(バイビット)のステーキングのやり方

Bybitでステーキング手順は次のとおりです。

  • Bybitの口座を開設
  • Bybitの口座に入金
  • 資金運用アカントに仮想通貨を振替
  • ステーキング

Bybitの口座を開設

Bybitの口座開設が済んでいない場合には、公式サイトにアクセスし手続きを済ませましょう。

口座開設にはメールアドレスまたは電話番号を入力する必要がありますが、30秒程度で完了します。

また、入金を行うためには本人確認が必要なため運転免許証やマイナンバーカードを事前に用意しておくことでスムーズに行うことができます。

口座開設手順や注意点などは、Bybit(バイビット)登録・口座開設方法を参考にしてください。

Bybitの口座に入金

Bybitの口座に入金する方法は、仮想通貨・Slash・クレジットカード・P2P取引の4通りがあります。

既に国内取引所の口座や仮想通貨をお持ちの場合には、仮想通貨入金が最も手っ取り早く手数料も安いためおすすめとなっています。

どちらもお持ちでない場合には、P2P取引を利用することで簡単かつ手数料なしで入金することもできます。

詳しい入金手順や目的別のおすすめ入金方法は、Bybit(バイビット)入金方法を参考にしてください。

資金運用アカントに仮想通貨を振替

Bybitの初期設定では、仮想通貨を入金した場合は資金運用アカウントへと着金するようになっているため基本的には振替手続きは必要ありません。

ただし、着金先を現物アカウントやデリバティブアカウントへ設定している場合には資産ページから振替手続きを行いましょう。

ステーキングする方法

Bybitでステーキングする方法は次のとおりです。

STEP

Bybitのステーキングページへ

STEP

ステーキングしたい通貨を選択

ステーキングしたい仮想通貨を探し「選択」をクリックします

STEP

ステーキング設定へ

積立/定期や期間、年利を確認し利用したい項目の「ステーキングする」をクリックします

STEP

ステーキング設定

ステーキングしたい金額を入力し利用規約を確認の上「ステーキングする」をクリックします

STEP

ステーキング完了

「購入完了」と表示されればステーキングは完了です

ステーキングを解除する方法

Bybitでステーキングを解除・払い戻しする方法は次のとおりです。

STEP

資産運用アカウントページへ

STEP

払い戻し

解除したい仮想通貨項目の「払い戻す」をクリックします

STEP

払い戻し設定

払い戻したい金額・利回りで得た報酬の振込先アカウントを選択し「確定」をクリックします

Bybit(バイビット)ステーキングのおすすめ通貨

Bybitステーキングのおすすめ通貨
  • USDT・USDCなどのステーブルコイン
  • ETH

USDT・USDCなどのステーブルコイン

Bybitステーキングでは、USDTやUSDC・DAIのステーブルコインをそれぞれ上限500USDTまで5〜8%の高金利で運用することができます

ステーブルコインは米ドルにペッグされた仮想通貨であるめ、為替変動リスクこそあるものの仮想通貨特有のボラティリティの影響を受けないため初心者でも安定して収益を上げることができます。

なお、500USDT以上であってもステーキングすることはできますが運用金額によって利回りが変動するため中が必要です。

ETH

通常ETHのステーキングにはガス代を支払う必要がありますが、Bybitであればそれらの費用を負担してくれるETH2.0ステーキングを利用することができます

ステーキング先はLido Financeとなっており、ユーザーから集めたETHをまとめてステーキングに回してくれるためガス代が不要となるわけです。

また、利率についても正規の方法でLido Financeに入れるのと遜色ないため特にこだわりがない限りはBybitステーキングを通して利用するほうがお得となります。

Bybit(バイビット)と他取引所のステーキング比較

Bybitと他仮想通貨取引所のステーキング年利の比較は次のとおり。

仮想通貨/取引所BYBITBitgetGMOコインSBI VC
USDT16.53%
BTC5%
ETH3%2.7%
SOL2%4.6%3.7%5%
ADA3.3%2.5%1.2%2%
参照:仮想通貨ステーキングにおすすめな取引所・仮想通貨ランキング

取り扱いが共通している仮想通貨がSOLとADAの2種類のみであったため、単純な比較はできないもののBybitステーキングの年利は高い水準であると言えます。

特に法定通貨とペッグされているステーブルコインのUSDTは他取引所では取り扱いがないですが、国内銀行にUSDを外貨預金として預け入れた場合であっても1〜5%程度であることを考慮するとBybitの16.53%が如何に高いかが分かるはずです。

また、Bybitステーキングでは管理手数料などが全て盛り込まれた年利で表示されていますが他取引所では別途手数料が2〜15%発生します。(同比較表では手数料を差し引いた利率を記載しています。)

Bybit(バイビット)ステーキングができない原因と対処法

Bybitステーキングができない原因と対処法
  • 本人確認(KYC)が完了していない
  • 資金運用アカウントに残高がない
  • ステーキング最低枚数に満たない・超えている

本人確認(KYC)が完了していない

Bybitステーキングは、最低でも本人確認(KYC)レベル1を済ませておかないと利用することができません

本人確認手続きは、運転免許証やマイナンバーカードの提出と顔認証を行うだけなので最短5分程度で完了します。

また、2023年5月8日から本人確認が完了していないと入金すら行うことができないため口座開設した段階で手続きを済ませておくようにしましょう。

本人確認方法や注意事項は、Bybit(バイビット)本人確認・KYCを参考にしてください。

資金運用アカウントに残高がない

Bybitステーキングを始めるためには、運用したい仮想通貨を資産運用アカウントへ振替ておく必要があります

基本的には国内取引所やプライベートウォレットから仮想通貨を入金した場合、初期設定では資金運用アカウントへ振り分けられるようになっているため手続きは不要です。

しかしながら、現物取引やデリバティブ取引をしている場合には別のアカウントに資金を保管していることがほとんどなので残高があるにも関わらず利用できない場合には一度確認してみましょう。

ステーキング条件を満たしていない・超過している

Bybitステーキングでは、定められた最小預け入れ枚数を満たしていないまたは上限を超えている場合はステーキングすることができません

主な仮想通貨のステーキング枚数条件は次のとおり。

仮想通貨最小枚数最大枚数
USDT1USDT500,000USDT
USDC10USDC250,000USDC
BTC0.01BTC15BTC
ETH0.1ETH30ETH
SOL0.1SOL15,000SOL

その他、取り扱い通貨のステーキング枚数条件については預け入れ時に表示されるので内容を確認するようにしましょう。

Bybit(バイビット)のステーキングに関するよくある質問

Bybit(バイビット)のステーキングには手数料が発生しますか?

Bybitのステーキングでは手数料が発生しません。預け入れや払い戻しともに手数料無料となっています。

Bybit(バイビット)のステーキングは複利運用に対応していますか?

Bybitのステーキングでは複利運用に対応していません。ですが、自動ステーキング機能を有効化することで毎日19時に残高保有分が自動的に運用されます。

現在開催中のBybitハッピーウェンズデー対象のステーキング銘柄を教えてください

現在開催中のBybitハッピーウェンズデー対象のステーキング銘柄は、Bybit(バイビット)ボーナスキャンペーンを参考にしてください。

Bybit(バイビット)の定期ステーキングは解除できますか?

Bybitの定期ステーキングは、預け入れ時に選択した運用日数である30日または60日経過後に自動的に解除されます。

Bybit(バイビット)のステーキングはUSDTに対応していますか?

BybitのステーキングはUSDTに対応しています。積立・定期ステーキングそれぞれに対応しているため好みの運用方法を利用しましょう。

Bybit(バイビット)のサブアカウントでステーキングすることはできますか?

Bybitのサブアカウントはステーキングに対応していません。

VIP特別キャンペーンとはなんですか?

BybitステーキングのVIP特別キャンペーンとは、VIPユーザー向けに提供されているステーキングサービスです。

ステーキングとレンディングの違いは何ですか?

ステーキングは仮想通貨を貸し出すことでブロックチェーンネットワークの維持に貢献し報酬を得る仕組みです。対してレンディングでは第三者に仮想通貨を貸し出すことで報酬を得ることができます。

レンディングのやり方は、Bybit(バイビット)レンディングを参考にしてください。

Bybit(バイビット)の自動ステーキンは何時に行われますか?

Bybitの自動ステーキングは、毎日19時に資金運用アカントにある仮想通貨を自動で運用してくれます。

【まとめ】

Bybitステーキングについて解説しました。

定期ステーキングの方が利回りは高いですが、途中で解除することができないため価格変動リスクを念頭に置いた上で運用する必要性がでてきます。

そのため、価格が下落しそうな場合にはレンディング枚数と同数をショートするなど対策を講じる必要がでてきます。

少しでもリスクを減らしたいのであれば、利率は低くなりがちですがいつでも解除が可能な積立ステーキングを利用するようにしましょう。

なお、Bybitステーキングでは定期的に100〜300%を超える利回りを提供していることがあるため公式サイトを定期的にチェックするようにしましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次