FXGTの口座タイプ全5種を比較!特徴や違い・取引方法別のおすすめを解説

FXGTでは多様な取引スタイルに対応するため、ECN口座・Pro口座・Standard+口座・Crypto Max口座・Mini口座の全5種類のタイプを用意しています。

口座タイプによって取引条件が異なり、ボーナスを受取ることができないタイプも存在するため自分の取引スタイルに見合ったものを選択する必要が出てきます。

当ページでは、FXGTの口座タイプ毎の特徴やメリット・デメリットから各口座タイプが適しているパターンなどを解説していきます。

FXGTの口座開設がまだ済んでいない方は、FXGTの口座開設・登録方法を参考にしてみてください。

目次
当サイト限定!口座開設で最大10万USDTが当たる

当サイトからBybitに口座開設した方限定で、特賞10万USDT(約1,600万円)やFI観戦ツアーが当たるキャペーンを実施中!

FXGTの全5口座タイプ比較一覧

FXGTの口座タイプは下記5口座が用意されています。

FXGTの口座タイプ

ECN、Pro、Standard+、Crypto Max、Mini

それぞれの口座タイプとの比較表は下記の通りです。

口座タイプECNProStandard+Crypto MaxMini
対応証拠金BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPYBTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPYBTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPYBTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPYBTC, ETH, USDT, ADA, XRP, EUR, USD, JPY
取扱通貨ペア為替メジャーペア, 為替マイナーペア,
エキゾチック通貨ペア,
株価指数, メタルとエネルギー, 株式,
暗号資産, シンセティックペア, GTi12,
DeFiトークン,NFT
為替メジャーペア, 為替マイナーペア,
エキゾチック通貨ペア,
株価指数, メタルとエネルギー, 株式,
暗号資産, シンセティックペア, GTi12,DeFiトークン,NFT
為替メジャーペア, 為替マイナーペア,
エキゾチック通貨ペア,
株価指数, メタルとエネルギー, 株式,
暗号資産, シンセティックペア, GTi12,DeFiトークン,NFT
暗号資産, シンセティックペア ,
DeFiトークン ,NFT, GTi12
為替メジャーペア, 為替マイナーペア,
エキゾチック通貨ペア,
株価指数, メタルとエネルギー,
暗号資産, CFD, GTi12指数
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍500倍
最小スプレッド0ポイント5ポイント10ポイント10ポイント
取引サイズ100,000100,000100,000110,000
取引手数料為替取引最大$6/lot
暗号資産取引0.1%/lot
無料無料無料無料
最低入金額5USD5USD5USD5USD5USD
マージンコール水準70%50%50%70%50%
ロスカット水準40%20%20%40%20%
ボーナス対象外対象外対象対象対象

比較項目は複数ありますが、主な選定要素としてはボーナスの有無と仮想通貨の取引有無になるかと思います。

特にこだわりがなく、幅広く取引を行いたいのであれば取扱通貨ペア数が多く、ボーナスも利用することができるStandard+口座から開設するのがおすすめだと言えます。

最新のボーナス情報は、FXGTのボーナスを参考にしてください。

FXGTの各口座タイプの特徴

それぞれの口座タイプによって特徴やメリット・デメリットが異なるため順に解説していきます。

FXGTのECN口座

FXGTのECN口座の特徴とメリット

FXGTのECN口座では、FX業者を介さずに注文を行うことができるため高い約定力の実現とゼロスプレッドで取引することができます

その一方で、1ロットの取引にあたり為替では最大6ドル、仮想通貨では0.1%の取引手数料が発生してしまいますが諸々の手数料を加味しても他の口座よりも低く設定されています。

ECN口座では1回で最大2,000万通貨まで発注することができるため、大口で取引を行うユーザーには大きなメリットであると言えます。

FXGTのECN口座のデメリット

ECN口座は、入金ボーナスを始めとした全てのキャンペーンの対象外となっているため自己資金のみで取引を行う必要があります。

また、マージンコールが70%とロスカット水準が40%とFXGTの口座タイプの中で最も高く設定されているため余裕を持たせた証拠金を用意する必要があります。

FXGTのECN口座が合うトレーダー

ECN口座は、大口で取引する上級者向けの口座であると言えます。

1回の取引で数十ロットを超えてくるエントリーをするのような、ダイナミックな取引をする場合は取引手数料支払いとゼロスプレッドの組み合わせは最強です。

一方で、取引回数が多く1回の取引ロット数が少ない場合には取引手数料が発生しないPro口座を利用するほうがメリットが大きくなるでしょう。

FXGTのECN口座のまとめ
  • ゼロスプレッドで口座最狭
  • 1ロットあたり為替で最大6ドル、仮想通貨0.1%の取引手数料が発生
  • 1注文で最大2,000万通貨まで発注可能
  • ロスカット水準40%と高め
  • 全てのボーナスが対象外
  • MT5口座のみ仮想通貨のスワップフリー
  • 取引手数料を経費として計上可能

FXGTのPro口座

FXGTのPro座の特徴とメリット

FXGTのPro口座では、狭いスプレッドが特徴的で最低0.6pipsで取扱通貨ペア全ての取引を行うことができます

1回の取引で最大2,000万通貨まで発注することができるため、ECN口座同様に大口で取引を行うユーザーには大きなメリットとなります。

また、ECN口座とは異なり取引手数料が発生しないため取引回数が多くなるスキャルピングを行うユーザーに適していると言えます。

加えて、2023年2月よりマージンコールが50%、ロスカット水準が20%へと引き下げられECN口座よりも使い勝手が改善されています。

FXGTのPro口座のデメリット

Pro口座は、入金ボーナスを始めとした全てのキャンペーンの対象外となっているため自己資金のみで取引を行う必要があります。

FXGTのPro口座が合うトレーダー

Pro口座は、スキャルピングなど高頻度の取引を行う上級者向けの口座であると言えます。

FXGTのPro口座のまとめ
  • 最低取引コスト0.6pips
  • 取引手数料無料
  • ロスカット水準20%
  • 全てのボーナスが対象外

FXGTのStandard+口座

FXGTのStandard+口座の特徴とメリット

FXGTのStandard+口座では、海外FX業者の一般的なスペックを持ち合わせた口座でFXGTの取扱通貨通貨全てを取引することができます

1つの口座で為替からコモディティ、仮想通貨まで万遍なく取引ができるため、口座を移動することもなく値動きの機会損失を逃さずに利益の最大化を狙うことができます。

FXGTが実施している全てのボーナスキャンペーンにも参加することができるため、資金効率の最大化にも適しています。

またロスカット水準が20%と他の口座タイプよりも資金効率をあげることができます。

FXGTのStandard+口座のデメリット

Standard+口座は、1ロットが10万通貨で設定されているため他の口座タイプも併用して利用している場合には間違えないように注意が必要です。

また、ボーナスが利用できるためかECN口座やPro口座と比較するとスプレッドが広めに設定されているため大口で取引を行うユーザーには不向きと言えます。

FXGTのStandard+口座が合うトレーダー

Standard+口座は、海外FX業者が始めてでボーナスを上手く活用したい初心者や幅広い金融商品を1つの口座で触りたい中級者まで幅広く対応している口座であると言えます。

最大レバレッジ1,000倍で様々な金融商品が触れ、入金ボーナスも受け取りたい欲張りな方に適している口座です。

FXGTのStandard+口座のまとめ
  • FXGTの取扱通貨全てが取引可能
  • FXGTの入金ボーナス全てに参加可能
  • ロスカット水準20%

FXGTのCrypto Max口座

FXGTのCrypto Max口座の特徴とメリット

FXGTのCrypto Max口座では、仮想通貨の取引に特化した口座で70種類もの取扱通貨を取引することができます。

また、Crypto Max口座限定の入金ボーナスも定期的に開催されているため仮想通貨取引に力を入れたい方にとっては魅力的な口座となっています。

2023年7月時点ではWelcomeボーナスとして通常70%のところ100%へ増量ボーナスが実施されています。

FXGTのCrypto Max口座のデメリット

Crypto Max口座は、FXGTのメリットの1つである最大レバレッジが500倍に制限されています。

他に仮想通貨の取引ができるMini口座やPro口座では通常通り最大1,000倍で取引できることを考慮すると不満点と言えます。

また、ECN口座やPro口座ではスワップフリーが採用されている仮想通貨ですが、Crypto Maxではマイナススワップが発生してしまうため注意が必要です。

加えて、名称の通り仮想通貨に特化した口座であるため仮想通貨以外の金融商品を取引することができません。

FXGTのCrypto Max口座が合うトレーダー

Crypto Max口座は、口座限定の入金ボーナス目的で利用する場合にはおすすめの口座であると言えます。

ボーナスを有効活用し仮想通貨取引を始めてみたい方や他の口座のボーナスを使い切ってしまった方は一度開設することをおすすめします。

FXGTのCrypto Max口座のまとめ
  • 1ロット=1通貨
  • 仮想通貨取扱銘柄に特化した口座
  • FXやCFD銘柄の取引は不可
  • 最大レバレッジ500倍
  • Crypto Max口座限定の入金ボーナスがある

FXGTのMini口座

FXGTのMini口座の特徴とメリット

FXGTのMini口座では、1ロットが10,000通貨で設定されているため少額の資金で取引することができます。

1ロットあたりの単位が国内FX業者と同じ通貨単位に設定されており、唯一100通貨から取引可能となっています。そのため既に国内でFX取引の経験がある場合には馴染みやすくなっています。

また、FXGTが実施している全てのボーナスキャンペーンにも参加することができるため、資金効率の最大化にも適しています。

FXGTのMini口座の特徴とデメリット

Mini口座は、仮想通貨の一部銘柄であるDeFiやNFT銘柄や個別株の取扱はされていないため取引することができません。

また、Standard+口座よりもスプレッドが広めに設定されているため注意が必要です。

FXGTのMini口座が合うユーザー

Mini口座は、国内FX業者から海外FX業者へ乗り換える方や少額の資金で慣れるまで取引をしたい方に適した口座であると言えます。

FXGTの最大レバレッジ1,000倍の恩恵は受けつつ、コツコツと取引したい方におすすめです。

FXGTのMini口座のまとめ
  • 1ロット=1万通貨で国内FX業者と同じ
  • FXGTで唯一100通貨から取引可能
  • 最大500ロット=50万通貨まで保有可能
  • シンセティック銘柄の取扱はなし

FXGTの全5口座タイプの詳細比較

FXGTの全5口座タイプをより詳細に比較したので順に解説していきます。

FXGT口座タイプ別 | 取扱通貨ペア数

ECNProStandard+Crypto MaxMinni
為替545454054
仮想通貨2432324112
シンセティック99990
貴金属22202
エネルギー33303
株価指数88808
株式515128011
DeFiトークン101010100
NFT55550

ECN口座、Pro口座、Standard+口座であればほぼ全ての取扱通貨ペアを取引することができます。

反対にMini口座やCrypto Max口座では取引できる取扱通貨ペアが限定されているためメリットに見合うかどうか検討した上で開設することをおすすめします。

FXGT口座タイプ別 | 取引手数料

口座タイプ取引手数料
ECN為替:最大6ドル
仮想通貨:0.1%
Pro無料
Standard+無料
Crypto Max無料
Mini無料

ECN口座のみ1ロットあたり取引手数料が発生し、為替が最大6ドル・仮想通貨が0.1%となっています。

スプレッドはロットが大きいほど広がる仕組みであるため、大口の取引をする方であれば取引手数料だけで済むECN口座は適していると言えます。

FXGT口座タイプ別 | ロスカット水準

口座タイプマージンコールロスカット水準
ECN70%40%
Pro50%20%
Standard+50%20%
Crypto Max70%40%
Mini50%20%

ECN口座とCrypto Max口座はロスカット水準40%と高めに設定されていますが、それ以外の口座では5割減の20%となっています。

コストを抑えたい場合はECN口座、マイナーな仮想通貨を取引したい場合や専用入金ボーナスを利用したい場合はCrypto Max口座を選択する余地がありますが特に理由がない場合には水準が低めの口座タイプを選択することを推奨します。

FXGT口座タイプ別 | スプレッド

ECNProStandard+Crypto MaxMini
USD/JPY0.1pips0.8pips15.pips1.8pips
EUR/JPY0.6pips1.4pips2.2pips2.3pips
EUR/USD0.1pips0.6pips1.6pips1.7pips
GBP/USD0.2pips0.5pips1.6pips2.2pips
XAU/USD1.0pips1.5pips2.5pips3.0pips
BTC/USD1,1501,1501,3001,300
ETH/USD105105118118

ECN口座が最もスプレットが狭く設定されており、次いでPro口座となっています。

Pro口座はECN口座と比べスプレッドが広く設定されている代わりに取引手数料が無料となっているためスキャルピングや高頻度取引のEAを稼働する場合に適しています。

FXGTで取扱われている全ての通貨ペアのスプレッドは、FXGTのスプレッド一覧を参考にしてください。

FXGTの口座タイプに関するよくある質問

FXGTはどの口座タイプで仮想通貨の取引ができますか?

FXGTでは提供されている口座タイプ全てで仮想通貨の取引を行うことができます。

FXGTのどの口座タイプがおすすめですか?

FXGTの口座タイプで最も敷居が広い、Standard+口座がおすすめです。全ての取扱通貨が取引可能で、ボーナスも利用することができます。

取引コストを抑えたい場合には、ECN口座とPro口座もおすすめ候補としてあげられます。

FXGTでスプレッドが狭い口座タイプはどれですか?

FXGTでスプレッドが狭い口座タイプはPro口座です。

FXGTで複数の口座タイプを開設することはできますか?

FXGTで複数の口座タイプを開設することは可能です。ただし1つの口座タイプにつき2口座まで、最大8口座までの開設となります。

FXGTの各口座タイプの最低入金額を教えてください

FXGTは口座タイプに関係なく最低入金額は5ドルとなっています。

FXGTでは口座タイプごとに最大ロット数は異なりますか?

はい、FXGTでは口座タイプごとに最大ロット数が異なってきます。各口座タイプごとの最大ロット数は次のとおりです。

口座タイプ最大ロット数
ENC口座・Pro口座200ロット
Standard+口座100ロット
Mini口座200ロット
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次