Hyperliquid(ハイパーリキッド)とは | 使い方やエアドロップ戦略について解説

Hyperliquid(ハイパーリキッド)は、最新のL1技術が採用されておりエアドロップの期待値もあることから今最も注目されている分散型取引所の一つです。

当ページでは、Hyperliquidの詳細からメリットやデメリット、使い方について分かりやすく解説していきます。

目次
当サイト限定!口座開設キャンペーン情報

当サイト経由で口座開設し入金するだけで、最大63万円相当のUSDTボーナスを受け取ることができるキャンペーンを実施中!

スクロールできます

それぞれバナーをクリックすることで、特典が適用された公式口座開設ページへアクセスすることができます。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)とは

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の情報
名称Hyperliquid(ハイパーリキッド)
公式HPhttps://hyperliquid.xyz/
登記地 (登記日)
取扱ペア106種類
最大レバレッジ50倍
取引手数料【メイカー】
-0.002%
【テイカー】
0.025%
資金調達率1時間毎に徴収/支払
取引形態DEX(分散型取引所)
取り扱い商品デリバティブ(FX)
2段階認証有無
スマホアプリ

Hyperliquid(ハイパーリキッド)とは、2022年4四半期にサービスを開始したデリバティブ特化の分散型取引所(DEX)です。

2024年1月には、約4.5万人のユーザーを獲得しており24時間取引高は6億ドルを超えるまでに成長しています。

独自のHyperliquidチェーンを採用することで透明性、低コストを実現しており狭いスプレッドを可能としています。

また、1秒間に約20,000件のトランザクションを処理することが可能で、Mastercardの処理数が約5,000件であることを考慮すると如何に優れた技術であるかが分かるはずです、

Hyperliquid(ハイパーリキッド)のメリット

Hyperliquidのメリット
  • 本人確認(KYC)無しで利用できる
  • メイカー(指値)注文では手数料を受け取れる
  • インデックス・パーペチュアルに対応している
  • 流動性の供給で利益を得るとができる

本人確認(KYC)無しで利用できる

Hyperliquidは、DEXであることから本人確認を必要とせずプライベートウォレットまたはメールアドレスを紐付けるだけで取引を始めることができます

プライベートウォレットを紐づけたくない場合には、メールアドレスで口座開設することで自動的に入金用ウォレットが生成されるため入金だけ済ませることで簡単に取引を始めることも可能です。

メイカー(指値)注文では手数料を受け取れる

Hyperliquidは、取引手数料が他取引所よりも安価に設定されておりメイカー(指値)では-0.0025%、テイカー(成行)では0.025%となっています。

特にメイカー注文ではマイナス手数料が設定されているため、注文が約定するだけで手数料を受け取ることができます。

2022年ころまでは流動性を高め、取引を活性化させるためにもマイナス手数料を採用していたころも多かったですが、現在はCEX(中央集権型取引所)含めてもHyperliquidだけです。

以下は、DEXの取引手数料を比較した表ですが圧倒的に安く設定されていることがわかるはずです。

DEX(分散型取引所)メイカーテイカー

Hyperliquid
-0.002%0.025%

ApeX Pro
0.02%0.05%
dYdX0.02%0.05%

また、紹介コード「OFFER」を入力して口座開設することで取引手数料を4%OFFにすることもできるので必ず利用するようにしましょう。

紹介コードの利用方法などは、Hyperliquid(ハイパーリキッド)の紹介コードを参考にしてください。

インデックス・パーペチュアルに対応している

Hyperliquidは、FRENDUSDやNETIUSDなどのインディックス・パーペチュアルを提供しているため取引戦略の幅を広げることができます。

インディックス・パーペチュアルを分かりやすく説明するのであれば、特定のテーマをまとめた通貨のことを指します。

例えば、Hyperliquidで取り扱われているFRENDUSDはfreiend.techの上位20の通貨で構成された指数となっています。

仮想通貨はトレンドが発生すれば上がる通貨群が分かりやすいため、複数銘柄で構成されているインディックス・パーペチュアルは扱いやすい金融商品となっています。

流動性の供給で利益を得るとができる

Hyperliquidは、流動性供給プロトコル「Vaults」を利用することで利益を得ることができる仕組みとなっています。

Vaultsでは資金を預けることで運用益が発生した場合には利益の10%を差し引いた金額を都度受け取ることができます。

ただし、必ずしも利益を得られるわけではなく損失が発生することもあるので資金を入れる場合には運用実績などを詳細に確認するようにしましょう。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)のデメリット

Hyperliquidのデメリット
  • 日本語表示には対応していない

日本語表示には対応していない

Hyperliquidは、英語・フランス語・中国語・韓国語の4カ国語にのみ対応しており日本語表示を行うことはできません

UIはとても分かりやすい仕様になっているため、基礎的な英語が理解できれば問題ありませんが少しでも心配な方はApeX ProやdYdXなどの利用を検討するのも手です。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の口座開設・登録方法

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の口座開設・登録方法は次のとおりです。

Hyperliquidの口座開設手順
STEP

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の口座開設ページへ

STEP

プライベートウォレットを接続

紹介コードが表示されていることを確認し「Connect」をクリックします

STEP

プライベートウォレットを選択

Hyperliquidで利用するプライベートウォレットを選択します

STEP

ウォレットアドレスを選択

Hyperliquidで利用するウォレットアドレスを選択します

STEP

プライベートウォレットの紐づけを許可

「接続」をクリックします

STEP

署名のリクエスト

「署名」をクリックします

STEP

利用規約の同意

利用規約を確認し「Accept」をクリックします

STEP

紹介コードの適用

「Join With code:OFFER」をクリックします

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の使い方

Hyperliquidを使う流れ
  • プライベートウォレットにUSDCを入金
  • Hyperliquidにデポジットする
  • Hyperliquidで取引をする
  • Hyperliquidから出金する

ここでは、Step2のHyperliquidへのデポジット方法から解説していきます。

なお、接続済みのプライベートウォレットのArbitrumチェーン上に「USDT」・「USDC」・「USDC.e」を保有している場合にはStep1は行う必要がないためスムーズにデポジットすることができます。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)にデポジットする方法

Hyperliquidにデポジットする方法は次のとおりです。

Hyperliquidにデポジットする方法
STEP

入金ボタンをクリック

「Deposit」をクリックします

STEP

プライベートウォレットへの接続確認

プライベートウォレットへの接続にガス代がかかることはない旨が表示されるので「Establish Connection」をクリックします

STEP

署名のリクエスト

「署名」をクリックします

STEP

入金する仮想通貨を選択

入金する仮想通貨を「USDT」・「USDC」・「USDC.e」から選択し入金額を選択後、「Deposit」をクリックします

STEP

使用上限のリクエスト

先程、入金額で設定した数値を入力し「次へ」をクリックします

STEP

使用上限のリクエスト承認

使用上限に問題ないことを確認し「承認」をクリックします

STEP

ガス代の確認

ガス代を確認し問題なければ「確認」をクリックします

STEP

通貨のスワップ承認

USDTやUSDC.eで入金処理をする場合には、USDCへスワップする必要があるため「確認」をクリックします

Hyperliquid(ハイパーリキッド)のポイントプログラム

Hyperliquidでは2023年11月より6ヶ月間連続で100万ポイントが隔週配布される「ポイントプログラム」を実施しています。

ポイントは毎週木曜日に配布される仕組みで、累計獲得ポイントに応じてランクが変動するランク・リーグを導入しています。

ポイントやランクの用途について公式からアナウンスがなされているわけではないものの、将来的にエアドロップ権利に繋がるのではとされており注目を集めています。

なお、Hyperliquidのポイントは一部OTCサービスで売買が開始されており1ポイント=10ドル前後となっています。

Hyperliquidのエアドロップ戦略

Hyperliquidのエアドロップ戦略
  • デリバティブ取引を毎週行う
  • Vaultsに流動性を供給する

デリバティブ取引を毎週行う

Hyperliquidでは、デリバティブ取引高に応じて受け取れるポイント数が変動するため積極的に取引を行っていくこでランクを引き上げることにも繋がります

次に紹介するVaultsに流動性を供給するよりもデリバティブ取引を行ったほうが受け取ることができるポイント数が多いことが分かっているため計測期間中は主戦場をHyperliquidに移すことも検討しましょう。

Vaultsに流動性を供給する

Hyperliquidでは、Vaultsに流動性を供給することでもポイントを受け取ることができます

資金を預け入れるだけで簡単に運用ができるため、デリバティブ取引は普段行わないような方におすすめです。

なお、Vaultsによってリスクリワードが異なるため極力分散して利用することを推奨します。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)で実際に取引してみた

Hyperliquidで実際に1週間で400万ドルほど取引してみたところ、上から2番目のPlatinumランクに食い込むことができました。

順位は1,000番台前半であったことから、推定とはなりますが1,000万ドル取引することでDiamondランクに到達できるものと考えられます。

当サイトでも引き続きHyperliquid上で取引を行っていくため進捗があり次第エアドロップ戦略について公開していきます。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)に関するよくある質問

ハイリキとはなんですか?

X上ではHyperliquid(ハイパーリキッド)のことをハイリキと略して呼称することがあります。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の対応チェーンを教えてください。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)の対応チェーンは、Arbitrumです。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)に入金できる通貨を教えてください。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)では、USDT・USDC.e・USDCを入金することができます。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)でデモトレードはできますか?

Hyperliquid(ハイパーリキッド)では、テストネットが用意されているため簡単にデモトレードを行うことができます。なお、請求できる架空資金は100USDCのみで4時間に1回手続きすることができます。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)は複垢で取引しても問題ありませんか?

Hyperliquid(ハイパーリキッド)で複垢を作成し取引を行うと、リワードポイントが没収または無効化された事例を確認しています。そのため紹介コードを利用する場合も第三者のものを利用するようにしましょう。

Hyperliquid(ハイパーリキッド)のAIrDropはいつ開始されますか?

Hyperliquid(ハイパーリキッド)のAIrDrop開始時期は未定です。最新の情報は、公式X(旧Twitter)を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次