仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?やり方・始め方を解説

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは、ビットコインやイーサリアムを始めとした仮想通貨を対象とした証拠金取引のことです。

本ページでは、仮想通貨FXについて初めての方にも分かりやすく解説を行っていきます。

仮想通貨FXの仕組みから為替FXとの違い、国内・海外取引所で取引する場合のおすすめなどを知りたい方は、ぜひ最後まで確認してみてください。

取引所特徴
BYBIT
日本人が使える仮想通貨FX取引所NO.1
口座開設&入金で最大3万USDTボーナス付
MEXC
mexc
本人確認不要!
アルトコインのFXに特化
最大レバレッジ200倍
FXGT
最大レバレッジ1,000倍
口座開設で2万円のボーナス付
目次
当サイト限定!口座開設で最大10万USDTが当たる

当サイトからBybitに口座開設した方限定で、特賞10万USDT(約1,600万円)やFI観戦ツアーが当たるキャペーンを実施中!

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?

仮想通貨FXとは、一般的なFXと同様の仕組みで仮想通貨をロング(購入)⇄ショート(売却)の差額によって損益が変わる差金取引(レバレッジ取引)のことです。

仮想通貨と聞くと現物を買ってただ値上がりを待つだけのイメージを持たれている方も多いかと思いますが、証拠金を担保にし取引所から仮想通貨を借り入れることでショート(空売り)で利益を生み出すことができます

例えば、1BTCを100万円で購入し120万円まで上昇したときに売却したとなると20万円の利益となります。反対に1BTCを120万円で売却し100万円まで下落したときに買い戻した場合でも20万円の利益となるのです。

また、仮想通貨FXでは土日祝問わず24時間365日市場が開いているためサラリーマンのような忙しい方にも人気があります。

仮想通貨FX(レバレッジ取引)と現物取引の違い

仮想通貨投資する上で、初心者の方が最も混同しがちなのが「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いです。

仮想通貨FX
(レバレッジ取引)
現物取引
取引通貨仮想通貨
(BTC/ETHなど)
仮想通貨
(BTC/ETHなど)
レバレッジ国内:最大2倍
海外:最大1,000倍
ショート

現物取引は、仮想通貨そのものを購入する必要があるため購入金額分の自己資金を用意する必要があります。そのため、利益の発生ポイントは購入価格よりも高くなった場合のみとなっています。

一方、レバレッジ取引は証拠金を担保に保有してない仮想通貨を取引所から借り入れることで取引を可能としています。

レバレッジをかけることで、自己資金以上の取引が可能であるため少額からであっても大きな利益を狙うことができます。

また、現物取引とは異なり下落方向でも利益を得ることができるショート(売り)から入ることも可能となっています。

仮想通貨FX(ビットコインFX)と為替FXの違い

仮想通貨FXと為替FXはどちらも市場の価格変動を用いることで利益を得る取引手法であるため、混同しがちですが下記のような違いがあります。

仮想通貨FX為替FX
取引通貨仮想通貨
(BTC/ETHなど)
法定通貨
(USD/JPYなど)
最大レバレッジ国内:2倍
海外:1,000倍
国内:25倍
海外:2,000倍
税金雑所得(総合課税)国内:雑所得(分離課税)
海外:雑所得(総合課税)
取引可能時間365日24時間平日

仮想通貨FXは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)と法定通貨(USDやJPYなど)の差額を元に売買します。

ボラティリティも非常に激しく、数分で数十%の価格変動を引き起こすことも多いため、基本的に為替FXよりもレバレッジが低めに設定されています。

取引可能時間も365日24時間と時間を選ばず売買することができるが特徴です。

一方、為替FXでは法定通貨同士の差額差を基に売買します。

普通に暮らしている場合では円(JPY)の価格変動を実感することは少ないですが、米ドル(USD)やEUR(ユーロ)など他の法定通貨と比較すると常に市場では強弱が生じてます。

また、取引時間は平日のみとなっているため一般的なサラリーマンの場合には売買しにくいなどの弊害があります。

仮想通貨FX(ビットコインFX)のメリット

仮想通貨FX(ビットコインFX)のメリット
  • 少額の資金でも大きな利益を狙える
  • 土日祝関係なく24時間365日取引できる
  • 下落相場でも利益を狙える
  • 海外取引所であれば借金(追証)のリスクがない

少額の資金でも大きな利益を狙える

仮想通貨FXのメリットとして、少額の資金からであっても大きな利益を狙える点があります。

最大レバレッジを効率的に使うことで、自己資金の何倍もの取引量で売買することが可能です。

国内取引所では最大レバレッジ2倍と低めですが、海外取引所なら最大5〜1,000倍のレバレッジで取引することができてしまいます

また、口座開設や入金などの一定条件を満たすことで受け取ることができるボーナスを活用することでより効率的に利益を狙うことも可能です。

詳しくは、海外仮想通貨FXの口座開設・入金ボーナスキャンペーンを参考にしてください。

土日祝関係なく24時間365日取引できる

仮想通貨FXでは、市場が24時間365日開いているため土日・祝日関係なく取引が可能です。

平日は為替FX、土日祝日は仮想通貨FXをすると言ったような両刀使いで取引機会を増やす選択肢も。

仮想通貨と為替どちらも手軽に取引したい場合には、FXGTやBYBITの利用をおすすめします。

下落相場でも利益を狙える

仮想通貨FXでは、下落相場でも利益を狙うことができる点もメリットの1つです。

仮想通貨は下落相場の方が値動きが早く時間効率的に優れており、ショートポジションを構築することで利益を出すことができます

一方で、ショートポジションを構築するタイミングを見誤ってしまうと一気に損失が膨らんでしまう場合もあるためある程度投資スキルが身についてから挑戦することをおすすめします。

海外取引所であれば借金(追証)のリスクがない

海外取引所で仮想通貨FXする場合は、ゼロカットシステムが採用されているため借金のリスクがないというメリットがあります。

つまり、最大レバレッジ100倍でリスクのある取引を行って損失が発生してしまったとしても入金額以上になることはありません。

追証やゼロカットについての詳しい説明は、仮想通貨FXで追証なし(ゼロカット)なら海外取引所一択を参考にしてください。

仮想通貨FX(ビットコインFX)のやり方・始め方

仮想通貨FXの始め方には次の3パターンがあります。

  • 国内仮想通貨取引所を利用して始める
  • 海外仮想通貨取引所を利用して始める
  • 海外FX業者を利用して始める

それぞれ仮想通貨FXを始めるにあたって、入金方法や取引ルールが異なるため自分に見合ったプラットフォームを利用するようにしましょう。

国内仮想通貨取引所を利用して始める

国内仮想通貨取引所を利用して仮想通貨FXを始めるための手順は次のとおりです。

  • 国内仮想通貨取引所の口座を開設する
  • 口座に日本円を入金する
  • 売買を行う

一連の流れを簡単に確認していきましょう。

ここでは、国内で仮想通貨FXができる取引所の中で一番のおすすめであるGMOコインを例に解説していきます。

国内仮想通貨取引所を利用して始める手順
STEP

国内仮想通貨取引所の口座を開設する

個人情報を入力し本人確認手続きを済ませましょう。

STEP

口座に日本円を入金する

「即時入金」・「振込入金」と入金する金融機関を選択し、入金額を入力したら画面の指示に従い対象の口座へ送金を行います。

STEP

取引したい通貨ペアを選択する

右下の「取引所」をクリックし、「取引所レバ」タブを選択すると取り扱い通貨ペア一覧が表示されるので売買したいものを選択します。

STEP

仮想通貨FXの注文を行う

画面下の「トレード」をクリックし、板情報が表示されたら「注文」をクリックします。

注文画面が表示されたら取引区分は「新規」のままで、取引数量を入力し「買」・「売」を選択後に確認画面へ進めば注文は完了です

海外仮想通貨取引所を利用して始める

海外仮想通貨取引所を利用して仮想通貨FXを始めるための手順は次のとおりです。

  • 海外仮想通貨取引所の口座を開設する
  • 仮想通貨を入金する
    • 国内仮想通貨取引所から送金
    • クレジットカード入金・購入
    • P2P取引入金
  • 売買を行う

一連の流れを簡単に確認していきましょう。

ここでは、海外で仮想通貨FXができる取引所の中で一番のおすすめであるBybit(バイビット)を例に解説していきます。

なお、Bybitでは入金方法が複数用意されていますが国内仮想通貨取引所を開設していない方でもすぐに利用できるクレジットカード入金で解説していきます。

海外仮想通貨取引所を利用して始める手順
STEP

海外仮想通貨取引所の口座を開設する

STEP

クレジットカードで仮想通貨を入金する

購入する金額を入力後、クレジットカード情報を入力しましょう。

あとは画面の指示に従うだけで自動的にBybitの残高にUSDTが反映されます。

STEP

取引したい通貨ペアを選択する

左上の「三」をクリックすると取り扱い通貨ペア一覧が表示されるので

STEP

仮想通貨FXの注文を行う

注文画面の各項目について説明しているので下記を参考に確認を行ってください

番号説明
利用可能残高全てを利用して取引する場合は「クロス」
規定の残高のみを利用して取引する場合は「分離マージン」

レバレッジを1〜125倍から選択できます
(通貨によっては最大15倍までに制限有)
新規でポジションを入れる場合は「参入注文」
ポジションを閉じる場合は「決済注文」
注文を板に並べる場合には「指値」
板の注文にぶつける場合には「成行」
利益確定または損切設定をする場合には「利食/損切」
注文数量を設定します
利用可能残高の何割を利用するか設定します
利食い・損切りの設定ができます
ロングする場合は「買いで参入」
ショートする場合は「売りで参入」を選択します

海外FX業者を利用して始める

海外FX業者を利用して仮想通貨FXを始めるための手順は次のとおりです。

  • 海外FX業者の口座を開設する
  • MT4・MT5をダウンロード
  • 口座へ入金する
    • 仮想通貨入金
    • クレジットカード入金
    • 銀行振込入金
  • 売買を行う

一連の流れを簡単に確認していきましょう。

ここでは、海外FX業者の中で一番のおすすめであるFXGTを例に解説していきます。

海外FX業者を利用して始める手順
STEP

海外FX業者の口座を開設する

STEP

MT4/MT5をダウンロード&インストールする

STEP

取引資金を入金する

STEP

仮想通貨FXの注文を行う

仮想通貨FX(ビットコインFX)におすすめな国内取引所

仮想通貨FX(ビットコインFX)におすすめな国内取引所
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinでは、国内取引所最多である34種類の通貨が仮想通貨FXで取り扱われています

証拠金には日本円はもちろんのこと、ビットコインや取り扱われているアルトコインを利用することができるため現物を利確したくない方にも適しています。

また取引手数料も無料となっているため、仮想通貨の値動きに慣れてみたい方にもおすすめな取引所となっています。

GMOコイン

GMOコインでは、仮想通貨FXと外国為替FXを一つのアプリで完結させることができるためハイブリット取引したい方におすすめの取引所となっています。

また、エントリーから決済、ドテンを1タップで行えるスピード注文機能を採用しているため相場急変時であっても素早く切り替えることができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerでは、仮想通貨FXツールがシンプルで洗練されたユーザーインターフェースであるためプロの方におすすめの取引所となっています。

サービス開始から7年間ハッキングゼロを実現しており、急変時であってもサーバーがダウンしない強みを兼ね備えています。

また、現物とFXの価格が乖離することでSFDが発生する仕組みでポジション構築時には乖離に応じて手数料が徴収または受け取ることができるので取引戦略の幅を広げることができます。

仮想通貨FX(ビットコインFX)におすすめな海外取引所

仮想通貨FX(ビットコインFX)におすすめな海外取引所
  • Bybit(バイビット)
  • FXGT
  • MEXC

Bybit(バイビット)

Bybitは、700種類以上の取り扱い通貨ペアが用意された仮想通貨FX取引所です。

日本人が利用することができる海外取引所の中で最も取引高が多く、世界2位の実績を誇っています。

流動性の高いものであれば最大125倍で取引することが可能でゼロカットシステムも採用されているので追証の心配なく取引することができます。

また、仮想通貨専門の取引所としては珍しくMT4にも対応しているため自動売買BOTでの運用にも適しています。

MEXC

MEXCはアルトコイン特に、草コインに特化した海外仮想通貨取引所です。

仮想通貨FXに対応の取扱銘柄数は200種類と決して多くはありませんが、他取引所では取り扱われていないものが多く最大レバレッジも200倍まで設定することができます

取引手数料も業界最安のメイカー:0.01%、テイカー:0.05%に設定されているためポジション量が大きい取引であるほどコストを削減に繋がります。

FXGT

FXGTは、仮想通貨FXだけではなく為替やコモディティにも対応したハイブリッド型の海外FX業者です。

海外取引所で唯一、最大レバレッジ1,000倍まで設定することができるので、1万円の証拠金で1,000万円相当の取引をすることも可能です。

取引プラットフォームは世界的な取引ツールであるMT4・MT5の2種類が用意されているため、これまで海外FXが主戦場であった方であっても使い慣れた環境で取引することができます。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の勝ち方・儲け方のコツは?

仮想通貨FXで勝つためのやり方・儲け方のコツは次の4つ。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の勝ち方・儲け方のコツ
  • 仮想通貨に関する最新情報を確認する
  • 余剰資金で取引を行う
  • 流動性が優れた取引所を使う
  • 取引手数料が安く・スプレッドが狭い取引所を使う

仮想通貨は世界各国に開発者やトレーダーがいるため、最新の情報をX(旧Twitter)などで欠かさず確認することが必要不可欠です。通貨やネットワークのアップデートや開発遅延で大きく値動きすることも多々あります。

そして取引は必ず余剰資金で行うようにしましょう。仮想通貨FXは値動きが激しいため、なけなしの資金を入れてしまっては及び腰になってしまい適切な判断ができなくなってしまいます

また、流動性が優れ・取引手数料が安い取引所を利用することで有利な価格で取引を進めることが可能となります。

仮想通貨FX(ビットコインFX)のデメリット・注意点

仮想通貨FX(ビットコインFX)のデメリット・注意点
  • 損失リスクが高まる
  • ロスカットされる可能性がある
  • 現物取引のように長期保有(ガチホ)が難しい

損失リスクが高まる

仮想通貨FXは、レバレッジをかけることで少ない資金であっても大きな取引を行うことができます。

そのため、利益の可能性を広げることができますが同時に損失を拡大させてしまう可能性もあるため正に表裏一体です。

少しでもリスクを減らすためにも、仮想通貨FX取引をするときには必ず損切り注文を設定しておきましょう。

ロスカットされる可能性がある

仮想通貨FXは、ボラティリティが大きいためポジションの参入タイミングを見誤ると瞬く間にロスカットされてしまう可能性があります。

証拠金として入れている金額が少ない場合には、再度入金することで巻き返すことも十分に可能ではありますが大金を入れていた場合には仮想通貨FXの継続が困難になることも。

そのため、仮想通貨FXをするときにはレバレッジの仕組みを理解した上で、必ず損切り設定を済ませるようにしましょう。

現物取引のように長期保有(ガチホ)が難しい

仮想通貨FXでは、証拠金に対してレバレッジが高いほど多くの仮想通貨を保有することができますが、その分ロスカットリスクが高まってしまうため長期保有が難しくなっています。

レバレッジを効かせることで資金効率を上げることができますが、ロスカットが発生する可能性を考慮するのであれば低ロットで取引する必要があります。

どうしても長期目線で保有したい場合には、現物取引を中心に行うようにしましょう。

現物取引やステーキングなど総合的なおすすめ仮想通貨取引所は、おすすめ海外仮想通貨取引所比較ランキングを参考にしてください。

仮想通貨FX(ビットコインFX)に関するよくある質問

仮想通貨FXと暗号資産FXの違いは何ですか?

仮想通貨FXと暗号資産FXは名称こそ異なるものの、意味としては同じです。暗号資産の名称は、2017年4月1日に施行された「改正資金決済に関する法律」で仮想通貨の代替名称として定義されました.

仮想通貨FXに必要な最低資金はいくらですか?

仮想通貨FXの最低資金は、数千円程度あれば十分始めることができます。ただし取引所によっては最低購入額が異なる場合もあるので口座を開設する前に確認するようにしましょう。

仮想通貨FXと為替FXの税金に違いはありますか?

仮想通貨FXの税金は雑所得に分類され、税区分は総合課税となっています。

対して、為替FXは国内取引所であれば先物取引に係る雑所得等に分類されますが海外取引所の場合は仮想通貨FX同様に雑所得に分類されます。

仮想通貨FXはショート(売り)でも儲けられますか?

仮想通貨FXでは、下落相場でショートをすることで儲けることも可能です。

仮想通貨FXにおすすな仮想通貨取引所は?

当ページでは、初心者からプロにまで使いやすいBYBIT・MEXC・FXGTをおすすめしています。ですが、それ以外にもボーナスや手数料・スプレッドの安さからおすすめできる取引所もあるので詳しくは、仮想通貨FX(ビットコインFX)の海外取引所おすすめ比較ランキングを参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次