新川の治水対策
総合治水の必要性 新川流域の治水 境川流域の治水 トップページ
新川流域の治水
治水について
流域の概要
お知らせ
総合治水対策協議会
特定都市河川浸水被害対策法
  流域水害対策計画
  雨水浸透阻害行為許可等
  保全調整池の指定
  都市洪水想定区域及び都市浸水想定区域の指定
東海豪雨
住民アンケート結果
治水についての取り組み
愛知県の取り組み
市町の取り組み
浸水想定について (都市洪水想定区域都市浸水想定区域の指定
浸水被害の形態
浸水被害は、その原因から次の2種類に分けられます。
・外水被害 堤防が切れたり、川から水が溢れたりなど、川の水が原因で発生する浸水被害
・内水被害 川が満杯で地区内の水が川に排水できなかったり、排水路の整備が不十分で、川に入るまでに生じる浸水被害
実際の洪水では、外水被害と内水被害が同時に生じたり、明確に区別をすることが出来ない場合もあります。
 
浸水被害を表した図面
浸水実績図 過去に発生した大きな洪水を対象として、浸水した地域や浸水深を現地調査の結果などから地図に表したもの
氾濫シミュレーションによる浸水想定図 地形や排水路などをモデル化してコンピュータに組み込み、雨の規模など様々な条件を定めて計算を行い、浸水すると想定した箇所や水深を地図に表したもの
 
被害を軽減するために洪水ハザードマップ
 浸水の恐れがある地域(浸水実績や浸水想定図を参考に決めます)や避難所の情報などを入れた図面のことを洪水ハザードマップと言い、万が一、浸水が生じた場合でも、被害を最小限に抑え、安全に避難が出来るように住民の皆さんに活用してもらうために市町村が作成します。
 
 
氾濫シミュレーションによる浸水想定図
外水(河川)による浸水想定図
河川の規模や重要度などによって、水防や整備のために河川を指定して、その目的に応じた浸水想定図を作成します。
新川流域の場合、シミュレーションに用いる雨の規模は下記の@から順に大きくなり、浸水する地域も広くなるので、同じ河川の同じ区間で複数の指定がある場合は、大きな規模の雨で計算した結果を公表します。
 
①洪水予報河川… 水防法に基づいて指定し、河川管理者と気象台が洪水の状況と予想を発表する。
  浸水想定区域図
   新川雨の規模…東海豪雨を超える洪水 376mm/24時間
 
②水位周知河川… 水防法に基づいて指定し、避難勧告等の目安となる水位に達したことを発表する。
  浸水想定区域図
   五条川下流雨の規模…概ね50年に1回程度 286mm/24時間
   五条川上流青木川大山川雨の規模…概ね30年に1回程度 277mm/24時間
 
③特定都市河川… 特定都市河川浸水被害対策法に基づいて指定し、浸水被害防止のための対策の推進を図る。
  都市洪水想定区域図
   新地蔵川]⇒雨の規模…概ね10年に1回程度 205mm/24時間
 
新川、五条川、青木川、大山川も特定都市河川として指定していますが、水防法に基づく浸水想定区域図の方が浸水規模が大きいので、そちらを公表しています。また、合瀬川については、洪水の発生を防ぐべき目標である概ね10年に1回程度の降雨が発生しても特定都市河川として指定された区域で氾濫しないことから、都市洪水想定区域図は公表しません。
 
新川流域における特定都市河川指定区域と「都市洪水想定区域」及び「浸水想定区域」の指定状況図
 
内水(下水道など)による浸水想定図
特定都市河川浸水被害対策法に基づいて指定した特定都市河川流域内について、各市町毎に作成します。[H20.6.30指定]
都市での浸水区域を把握するために、各市町が定めた目標規模の降雨が生じた場合のシミュレーションを行います。
  都市浸水想定区域図
   [名古屋市、春日井市、岩倉市、清須市]雨の規模…W=1/10 63mm/hr
 [旧春日町(現清須市)]雨の規模…W=1/7 57mm/hr
 [一宮市始めその他11市町]雨の規模…W=1/5 52mm/hr
 
(市町名をクリックすると各市町の都市浸水想定区域図がご覧になれます)

▲上へ戻る